横浜・相続安心サポート 横浜市保土ヶ谷区周辺での相続、確定申告、会社設立なら、武吉宏真税理士事務所へ

相続に関する情報 

平成27年相続税の申告状況 増税!! 

平成27年相続税の申告状況 増税!! 

国税庁から、このたび、平成27年中に亡くなられた方に係る相続税の申告状況の概要について発表がありました。税制改正により、平成27年1月1日以後の相続等について基礎控除額の引下げが行われたことから、相続税の課税対象となった被相続人数及び課税割合は、前年分より大幅に増加しました。なお、相続税の申告状況の具体的内容は、次のとおりです。

1.死亡者数・課税対象となった被相続人数

平成27年中(平成27年1月1日~平成271231)の死亡者数(被相続人数)は、1,290,444(前年1,273,004)で、対前年比101.4となりました。 また、相続税の課税対象となった被相続人数は103,043(前年56,239)で、対前年比 183.2となり、課税割合も8.0(前年4.4)3.6ポイント増であり、ともに大幅な増加となっています(ちなみに、東京国税局管内における課税割合は、12.7(前年7.5)5.2ポイントの増加となっています。)。

2.課税価格・税額の推移

課税価格は、145,554億円(前年114,766億円)対前年比126.8となり、相続税額は18,116億円(前年13,908億円)対前年比130.3となりともに増加となっています。

また、これを被相続人1人当たりでみると、課税価格は14,126万円(前年2407万円)で、対前年比69.2となり、相続税額は1,758万円(前年2,473万円)対前年比71.1となり、いずれも減少しています。

3.相続財産の種類別構成比

相続財産の金額の構成比は、土地38.0(前年41.5)、現金・預貯金等30.7(前年26.6 )、有価証券14.9(前年15.3)であり、現金・預貯金及び有価証券等の構成比の合計が45.6となり、平成に入ってから最高の割合となっています。

なお、この詳細については、国税庁ホームページ>活動報告・発表・統計>報道発表資料>「平成27年分の相続税の申告状況について」をご参照ください。